おとり広告とは何でどんな目的で出されるか

獲物を捕まえる時、おとりを差し出して得ようとすることがあるかもしれません。
今の生活では獲物を捕まえること自体があまりないのでおとりを使うことがないように感じます。
でもビジネスにおいておとりがいろいろ使われます。
行列にさくらと呼ばれる人を並べせることがありますが、同じような目的です。
不動産においては、広告におとり広告と呼ばれるものを使うケースがあります。
不動産を購入したい人や借りたい人は広告を見ます。
いい物件の情報があればその情報を知りたいので問い合わせをするでしょう。
しかしすでに売れていたり借りられていればその話は聞けません。
そのまま別の物件の話を聞くことがあるでしょう。
事前に出されていた広告は、実際には存在しない物件の広告のことがあり、これがおとり広告になります。
最初から客を引き寄せるために作られていて、それらの客に提案する物件なども決まっていることが多いです。
通常利用者はそれがおとりかどうかはわかりませんが、継続して出されていればわかるときもあります。